社内コミュニケーションを向上させる情報配信システム

PressPadの電子出版システムを企業ユーザ向けに提供
電子出版サービスでの技術基盤をベースにデジタルコンテンツへの応用技術開発してきたPressPad社は出版ビジネスを越えた新たなコンテンツ配信分野へのソリューションの提供を始めました。
出版社自身が専用の直販サイトを持ち書籍の直販を行う、企業がコンテンツを決められたグループに配信する、ビデオ音声を使った学習講座を配信するネット教育の実施など、各企業のコンテンツ配信のニーズに直ちに対応できるサービスを実現します。

PressPadは企業のコンテンツ配信を設備投資なし、開発なし、専任者なし、で始められます

              -Public Store (Apple, Googleなど) でなく、コミッションなしの自社専用ストアーからの販売ができます

              -社内広報、ビデオ訓示、手順書などの社内コンテンツの配布が簡単に直ぐはじめられます
              -PressPadSaaSとしてサービス提供しますので、開発も人員もいりません。

       -企業内ユーザに対して、「役職者のみ」などの閲覧制限が行えます。
            
-コンテンツはセキュリティ機能により、ファイルコピー、印刷などはできません。

                          
電子出版の申請

企業内ユーザに対する社内電子出版サービス

サービスの詳細

1.      PressPadのクラウドシステム内に専用アカウントを作り、このアカウントに企業内ストアサイトを構築します。

2.      ユーザはコンテンツをPDFファイルとしてPressPadシステムにアップロードします。

3.      IOSとAndroidのアプリに変換され企業内ストアサイトに掲載されます。

4.      ユーザは指定URLにアクセスし認証プロセスを経て初めて専用サイトに入る事ができます。

5.      専用サイトに入るとアイコンが作られ、次回からは認証なしにアイコンから専用サイトに入れます

6.      Promo Codeサービスでは、Code入力によりコンテンツが閲覧可能になります。

7.      管理ダッシュボードを使う事でコンテンツのアップロード、機能の設定、履歴などの運営管理が可能となります。

企業向けCAサービスについて3通りの手段があります。

1.   企業向け専用ストアサイトをPressPadシステム内に構築し、PressPadがサービス・サポートを提供します。

2.   企業自身が運用管理を行なえるように、管理コンソールを提供します。

3.   大規模ユーザ向けには、SaaSの基本ライセンスとユーザサイズに応じた提供も可能です。

使用するサービスの費用

1、  e-Storeサービス基本費用                 68,000円~(月額) PressPad標準サービス(e-Store

2、  カストマーサポートサービス                     38,000円(月額)

3、  管理コンソール                                   6,000円(月額)

4、  Promo Codeサービス                      8,000円 (10コード)           

5、  初期費用                                          250,000円(専用サイト構築、コンソール設定)

      

 システムの概算:

- 100タイトルを専用サイトに掲載、社内の認証されたユーザのみが閲覧ができる。

              月額費用:145,000          

              初期費用:220,000 

-      コンテンツを社内の認証されたユーザが閲覧でき、役職者のみ会議室で人事情報を閲覧できる

        月額費用:150,000          

        初期費用:250,000          

⋆費用は目安としての概算です